修学旅行のお土産に・・・               7月19日(木)

中学3年生の男子が「修学旅行のお土産に・・・」と2Lサイズにプリントした写真をスタッフにプレゼントしてくれました!事前学習の段階から行動予定や自分の役割をスタッフに説明してくれていたその子は、きっと楽しく修学旅行に参加できたことでしょう。家族から離れての2泊3日の修学旅行では、たくさんのハードルを越えなければならない場面があったと思います。節目節目で大きく成長する機会を大切にしながら、学校生活を送ってほしい、と日々願っています。『CAFE BEAR』さんのランチは、大仏さまと肩を並べる人気なのですね・・・素敵な写真は壁新聞にしてしばらく施設内に展示しておきます。

レザークラフトのとりくみを通して・・・         6月14日(金)

父の日に向けて、2週間かけて革のキーホルダーづくりにとりくみました。はじめはイメージしずらかった子も、スタッフがハンマーを使って穴開けや金具をかしめて試作品を作るのを横目に見て、挑戦してみたい気持ちがムクムクと湧いてきたようです。『家族へのプレゼント』というのも動機づけとして効果大です。針仕事を活動に取り入れたいと以前から考えていました。革は布よりも張りがあり、縫いやすいのでちょうど良い機会になりました。作業工程がわかると、「自分で穴開けをしたい!」「縫いたい!」と意思表示する子が増えてきました。レザーの扱いに慣れている子もいれば初めて触れる子もいました。一人ひとりのペースで、できる範囲でとりくみました。今回はステッチなしで仕上げた子が「縫ってみたかった~」とスタッフに気持ちを伝えてくれました。カラフルできれいなロウびき糸やレザーの肌ざわりなど本物に触れる体験や、道具を使いこなせた時の喜びは大きな達成感と自信を子どもたちに与えてくれます。これまでさまざまな造形活動にとりくんできた子どもたちも多く、お手本を見て指導をしっかり聞いていたとは言え、たくましく成長した男の子たちが慎重に、集中してハンマーをしっかりと垂直に振り下ろしていた姿に驚きました。ゆったりと活動できる夏休みにまたとりくんでみたいと思いました。今度は何をつくろうかな?

新人歓迎会を行いました 🍴                        6月8日(土)

(株)がくどう舎に迎えた新しい職員の歓迎会を、星の宮にあるBELLE VIE THE GRANDさんで行いました。今年度、がくどう舎が運営する施設は9ヶ所になり、3つの事業を順調に拡充しています。新人と言ってもこれまでの社会経験や年齢はさまざまです。『多様で多才』が私たちの強みです。フルコースのディナーを味わいながら、ミニゲームを楽しみ、お互いの近況や木子里開設時のエピソードも飛び出し、なごやかであたたかい歓迎会になりました。企画を担当してくれた支援員二人には感謝です!

11月14日(木)

フォトギャラリーを

アップしました